スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK人間講座「絵本」「ピアノ」

nhk.jpg

2002年12月~1月期「絵本」と2003年4月~5月期「ピアノ」の講座になりますが、テキストを2冊紹介したいと思います。
今日出掛けに、電車の友は何にしようかしら?と棚を物色中に、人間講座のテキストに目がとまりました。
そして、松居直さんの「絵本のよろこび」をバッグに入れ、いざ出発~
久しぶりに読み返してみると、やはり大変魅力的な内容でした。

この本、単行本として世に出ていたんですねぇ♪
絵本のよろこび 絵本のよろこび
松居 直 (2003/11/27)
NHK出版
この商品の詳細を見る


国際コンクールの光と影 国際コンクールの光と影
中村 紘子、日本放送協会 他 (2003/03)
日本放送出版協会
この商品の詳細を見る

この講座はコンクールのみならず、現在それに関わり合う社会と人々に至るまでの様々な問題について、具体的に語られているので興味深いです。
今では世界的な活動に重きをなしている上原彩子さんのチャイコフスキーや浜松国際での華麗なる受賞の頃にも触れています。わずか10歳で、ショパンを完成させていた若き天才のこれからも、益々楽しみです。
歴史的な解説だけでなく、幅広く濃い内容で音楽好きを飽きさせない一冊といえます。
関連記事

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

Comments

こんにちは。
わたしも松居直さんの「絵本のよろこび」を愛読してますよ。
でも人間講座のものをまとめていたとはしらなかった・・編集者の視点からの分析はとても興味深いですし、なんたっていろんな作家を世に送り出した功績は高い人ですよね。

同感です

終戦後、この国の文化面を立ち上げた功労者のお一人ですよね。
岩波少年文庫・母の友・こどものとも・岩波子ども文庫…当時の子ども達に勇気や夢を与えてくれた図書…今を生きる我々にも、大切な財産~!
今回「絵本のよろこび」を再読して、お若い頃の松居さんや作家さん達の熱意に改めて感謝したのであります(*^.^*)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。