スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石井桃子さんを偲んで

こねこのぴっち (大型絵本)こねこのぴっち (大型絵本)
(1987/11)
ハンス・フィッシャー、石井 桃子 他

商品詳細を見る


児童文学者の石井桃子さんの訃報に触れ、絵本好きの方々の悲しみは耐えないことと思います・・・
心より先生のご冥福をお祈りいたします

今日は、岩波の復刊版(大型絵本)の『こねこのぴっち』をゆっくりと読み返してみました。この絵本の作者であるハンス・フィッシャー氏は、スイスの方で、子どもの頃から自然が大好きで、植物や動物のスケッチを良く描いていたそうです。自分の幼い娘や息子のために作った絵本が、後に出版される運びとなり評判になったそうです。子ども達との関わりの中から生まれたおはなし・・・文も絵も彼自身が手掛けたのは『こねこのぴっち』と『たんじょうび』の2冊・・・軽快で楽しいこれらの絵本の日本語訳、やはり石井桃子さんをおいては考えられませんね。本当に生き生きとした素敵な訳でした。。。

以下過去記事を掲載させて頂きます

祝百歳*石井桃子さん

クマのプーさん


先月、とあるTV番組にエッセイストの阿川佐和子さんが出演されていて、昔お兄さまと一緒に通われていたという石井桃子さんのかつら文庫のお話をされていました・・・先生の思いは、永遠に受け継がれていくことでしょう......☆......
関連記事

テーマ : 児童文学・童話・絵本 - ジャンル : 小説・文学

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

RENE さん、こんばんは。 贈り物をありがとうございました。
本当に可愛くて 嬉しかったです~ 
そして・・・ 石井桃子さんの記事を 私も書きたいなぁ、と思っていたのですが、
RENE さんの過去記事に こんなに詳細に書いてあって 感激いたしました。
よく知っている身近な本を たくさん訳されていたのですね。。
ネットで少し調べましたが RENE さんの記事が一番 愛があって 詳しかったですよ(涙)

心より ご冥福をお祈りいたします。

No title

『こねこのぴっち』・・うちには残念ながらこの本ないけど、子供だけでなく大人の心もつかむ素敵な本ですよね。

そっかぁ、石井桃子さん、お亡くなりになったのですね・・・

私も心よりご冥福をお祈りいたします。

それと、RENEさんにも応援です!

No title

石井桃子さんの訃報には驚きました。
天寿を全うなさったことでしょう。
教文館で阿川佐和子さんの「かつら文庫」との思い出の講演会が催されていたのも先月のこと。
お話を聞きにいけませんでしたが、その一ヶ月後にお亡くなりになるとは、関係者の方々の悲しみも一入でしょうね。

みなさん、いつもありがとう!

【スノーパンダさんへ】
いえいえぇ~笑
あの様な立派な記事にして頂き、恐縮しきりですi-229
画像を通しても、トーマスって、やはりインパクト強しi-184

石井桃子さんの記事、スノーパンダさんの素敵なイラストで飾って書いて欲しいなぁ・・・



【ロッキンさんへ】
『こねこの…』は、絵のタッチや色使いなんかも大好きな絵本ですi-178
101歳を迎えられてすぐの旅立ち…晩年まで現役…素敵な人生であったとでしょう。
ターシャもそうだけれど、みなさんお年は関係なく生き生きとされていて、素敵な生き方をされてる。。。私も、出来ればそうありたいなぁ、とi-265
ロッキンさん、いつも応援ありがとうi-236



【まつりかさんへ】
>天寿を全うなさったことでしょう。
本当に。

教文館での阿川さんの催しのことは、知りませんでした。。。なるほど、それでTVでもタイムリーな感じで話されていたのかもしれないi-190
絵本でご縁を頂いている者同志、ご冥福をお祈りしましょうi-260

No title

おぉ!そだ、そだ。これこれ。
何かの本を立ち読みしていて(たぶんイラスト雑誌)これが紹介されていて、
こねこのピッチを一度図書館で借りて読んでみたいと思っていたんだった。
でも 家に帰ってきたらすっかり忘れていた。気づかせてくれてありがとうございます!明日探してみます!!
そして訃報。。。
そうなんだ。。。
これはやっぱりよまなくちゃ。

かつら文庫

大分前(数年?いえ10数年?)にかつら文庫のことを何かで知りましたが、
今、なんだったけ?と思い起こしたところ、多分、私の幼なじみが、荻窪にお嫁に行って、そこのお家の大きいおじいちゃん(ひいおじいちゃん)が井伏鱒二さんと親交があって、その辺のつながりで、聞いた話だったのかなぁ・・・・・と。うっすら思い出しています。先日実家に帰省した時、久しぶりに銀座(と言うか有楽町)に行きましたが、教文館まで足を延ばせずでした・・・・。実家に帰ると実家で過ごす時間を大切に・・・と思うと、私の娯楽のために時間を使えなくなってきていますねー、ここ最近は・・。

コメントありがとう~♪

【しーちゃんへ】
まぁ、嬉しい、本探してくれるの?
きっと、絵もだけど色使いも気に入って貰えると思いますi-234
東欧好きのしーちゃんならi-233は間違いなし(笑)

文字のサイズやフォントを変えたりしている箇所がいくつかあって、とっても凝ってる作りなのですi-189




【hanacoさんへ】
それはスゴイi-190
阿川佐和子さんも、お父様の関係でお声が掛かったと番組中で言ってらしたから、同じような感じでどなたかがご縁を頂いていたのかも。。。いいなぁ(笑)

銀座も随分新しいお店が増えて、キョロキョロと上を見上げてしまうほど。。。
一年振りの帰省ということで、きっと時間はいくらあっても足りなかったに違いない・・・でも、ご両親も一緒に過ごすことが出来て喜ばれたことでしょうねi-265

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。