スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終戦記念日に読む

残暑お見舞い申し上げます!

暑さ厳しき折、みなさま如何お過ごしでしょうか?
日にちかわって、8月15日。。。62回目の終戦記念日を迎えました。
他ならぬこの日には、本を通して、大人も子どもも平和の大切さを改めて考えることが出来ればと思います。
(拙ブログ、戦争関連図書はこちらからどうぞ)

11日(土)の朝日小学生新聞に、千葉の学校図書館アドバイザーの方が紹介されていたオススメの本6冊を載せます。
大人の方で、未読の方に是非一度読んで頂きたいのは、椋鳩十さんの『マヤの一生』です。戦時中の飼い犬にまつわる悲しいお話ですが、人との繋がりや家族との絆を見直すことが出来る珠玉の一冊です。
私も、母の墓前で可愛がっていたペット達のことを少し話してこようかと思っています。3日ほど留守にしますので、レスなど遅れますことお許しください。

かわいそうなぞう かわいそうなぞう
土家 由岐雄 (1970/01)
金の星社
この商品の詳細を見る

おこりじぞう (新日本おはなし文庫 6) おこりじぞう (新日本おはなし文庫 6)
山口 勇子 (1982/06)
新日本出版社
この商品の詳細を見る

マヤの一生 (子ども図書館) マヤの一生 (子ども図書館)
椋 鳩十 (1970/01)
大日本図書
この商品の詳細を見る


りかさん りかさん
梨木 香歩 (1999/12)
偕成社
この商品の詳細を見る

夏の花たち―ヒロシマの献水者・宇根利枝物語 夏の花たち―ヒロシマの献水者・宇根利枝物語
鈴木 ゆき江 (2004/08)
ひくまの出版
この商品の詳細を見る

世界と出会う日本の歴史〈5〉アメリカからきた青い目の人形―第1次・第2次世界大戦 世界と出会う日本の歴史〈5〉アメリカからきた青い目の人形―第1次・第2次世界大戦
歴史教育者協議会 (1999/03)
ほるぷ出版
この商品の詳細を見る
関連記事

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 小説・文学

Comments

マヤの一生

この本、持ってます。子どものころなんども読んで、まだ実家にあると思います。この表紙も懐かしいわ。
 広島市長の平和宣言、ココロにつきささりました。

あ、暑いですね~(+_+)

我が家は熊谷の近所なので今日は気温40℃でしたぁ!毎年、この時期になるとジュリアも戦争関係の絵本を手に取ります。今年は「ヒロシマのピアノ」を読みました。RENEさんが紹介してくれた書籍はすでに読んでいましたが何度読んでも思う事は、日本はついこの間まで戦争をしていたという事実。62年前なんてつい最近ですよね。ジュリアは40代なので両親は勿論、戦争を体験しています。そして今のこの平和は沢山の方々の犠牲の上にあるという事。NYKの国連本部の窓ガラスは世界の平和を願って緑色なのに今の世界は本当にそうなのでしょうか?
いやはやこの残暑もあとちょっとの辛抱(;>_<;)老体にムチ打つジュリアでした。

【mayuiさんへ】
『マヤの一生』は、何度読んでも憤りを覚えて止まない作品です。
この表紙絵、ホント懐かしい。
時代は変わろうとも、避け切れない圧力に対する弱者の非力さ(精神性は高くとも)…いつの時代も悲しくてi-202
現代社会の格差も然り・・・

戦争に置いての唯一の被爆国ゆえ、平和宣言に謳われているように、核廃絶へ向けて毅然とした姿勢が望まれるところだと思います。



【ジュリアさんへ】
『ヒロシマのピアノ』教えて頂き、ありがとう!
機会があったら読んでみますね。

スミソニアンでエノラ・ゲイの展示を見た時のやるせない気持ち…立場の違いは事象のとらえ方に大きな隔たりを生むことを肌で感じた瞬間でした。
戦後のビキニ環礁での核実験の映像(最大規模の水爆実験)をTVでみた時には、震えがとまらなかったi-241
人間が国や宗教を超えられる日…そんな日を夢見ています。

小学校の担任が・・・

今年は、お盆の来客と東京からの帰省客が重なり、忙しさが3倍くらいで、フト、15日なにもしないで過ごしてしまいました。椋鳩十さんの『マヤの一生』、小学校6年の時の担任の先生が、読んでくれたのを思い出しました。家にはない本なので、図書館で見つけてこようと思います。RENEさんの人となりが、にじみ出ているような本の紹介、心から、尊敬します!

今朝は涼しい(´∀`)

昨今、海外に修学旅行に行く高校が多いようですがその前にまず広島・長崎に行くべきだと思うジュリアでした。
カウプレの景品、届きました!(・∀・)シックな品のいい柄のクロスとコースター♪さすがRENEさん☆末長く大事に使わせていただきます☆ありがとうございました(⌒0⌒)/

猛暑ですね

暑い日が続いています。いかがお過ごしですか?
今年も終戦記念日を迎え、わたしも黙祷をささげました。
小学生の頃、椋鳩十さんの本をよく読んでおりました。「片耳の大シカ」「月の輪グマ」「マヤの一生」は読書感想文を書いた思い出があります。今でも読後の衝撃を覚えているくらい。大人になってどう感じるか、今改めて読んでみたくなりました。
「夏の花たち」「リカさん」こちらもぜひ読みたいと思います。ありがとうございました。

【hanacoさんへ】
心から尊敬なんて…キザうれし恥ずかしす(しょこたん風・笑)
毎年、お盆の頃は特にお忙しいのでしょ?
ブログを通してのhanacoさんは、はつらつママ・素敵な奥さま・可愛いお嫁さんv-218…暫くは、ゆっくり出来ると良いですねぇ~

家も長女が3年生くらいの時に、初めて読み聞かせた覚えがあります。
良かったら、お嬢さん達に読んであげてみてv-410



【ジュリアさんへ】
カウプレ喜んで頂けて、嬉しいわぁ~♪
ガンガン日常使いしてくださいi-236
高校の修学旅行で訪れた長崎の印象は、今でも鮮明に覚えています。
海外についての見聞を深める前に、国内をという案、ホント同感!



【まつりかさんへ】
沢山読まれているのね、まつりかさんi-189
児童向けの動物作品の感性の鋭さ、椋鳩十作品のソースは、実はあのハイジ(アルプスの)なんですって。
幼き日のハイジとの出会い、私も結構鮮烈なモノがありました(アニメのも好きだった・笑)
ヒメちゃんが、もう少し大きくなったら読み聞かせてあげてください。
娘達は、それぞれの年齢にあった受け止め方をしてくれて、当時そのことにまた感銘を受けたのでした。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。