スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊毛でメロンパン♪

製作中だけど…メロンパンのピンクッション
melon0119.jpg
去年、羊毛を使ったスイーツに初挑戦した記事をUPしましたが(過去記事はこちら)、久し振りに羊毛フェルトに挑戦してみました。この手芸は、ウールの原毛を専用の針で刺しながらフェルト化させて形成するというもの。初心者なので、今回その細長い針を仕上げ段階でボキッと折ってしまいました(涙)もう少し、メロンパンの命であるラインをはっきりと際立たせたいところ。。。取りあえず、カラフルな針を差して感じを出してみました!
(サイズは、今のところ5.5cm×3.5cmくらい…もう少し刺すことでサイズダウン出来るかな)

日曜日の黒井健氏の絵本展の記事で、人気シリーズの「ころわん」に触れていなかったのは、これを作ってからと思っていたからなんです。実は、ころわんシリーズの展示空間には、氏のご息女作のフェルト作品が一緒に展示されていたのです。アイランドのガラスケースの中には、まるで「ころわん」の絵本から飛び出したような世界が繰り広げられていました♪
この羊毛を使った手芸、動物モチーフを作られる方も多くて、ふわふわとした可愛い小動物の表現に向くようです。絵本に出てくる素朴な風景が、細部に渡り丁寧に再現されていました。

清里にある氏の絵本ハウスのHPも是非ご参照ください。今回の企画展についても、先生自らブログ形式で近況欄に感想を残されています(今回6日間で3万人訪れたそうです)。あと、メニューの絵本欄では、作品を一冊ずつみていくことが出来るようになっていて楽しいです
関連記事

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

Comments

食べてしまいたいようなカワイサ!
裁縫は必要に迫られないとやらない(迫られてもやらずに放ってあるものも無きにしもあらず)私ですが、魅せられてしまいますね~。

なんと可愛らしくも、おいしそう!
メロンパンの形って、ピンクッションにぴったりですね。 

黒井健さんの展示会とサイン会、羨ましい。
夫が黒井健さんのイラストが好きなのです。
絵本ハウスのHPも、早速拝見いたしました。

さいしょに見た時に。。

ほんとのメロンパンにマチ針がグサグサと
さしてあると勘違いしてしまい。。
RENEさんいったい何をしてらっしゃるの~~と、
頭の中が一瞬混乱しました(笑

羊毛フェルトっていいですよね~ふんわりとしたとこが
なんとも^^
それにしてもおいしそうなメロンパン~i-277


やっぱりよむねこさんも

そう思いました?!ジュリアも「RENEさんてば食べ物を針山代わりにしてるぅ。変わった趣味だわ」なーんて思っちゃいました(^o^;このメロンパンをそこらへんのテーブルの上に乗せておいたらみんな絶対に、かじっちゃいますぜ!!

【Akaneさんへ】
それ、わかります。。。
私も、苦手意識のあるモノ&コトは放っておくから(笑)
でも、この手芸は針で刺すだけっていうと語弊があるかもしれないけど、ホントに刺すだけアートよんi-234


【Kanelさんへ】
でしょ?でしょ?ぴったり~
先生のピンクッションがメロンパンで、初めて目にした時に釘付けというか、もうフリーズ状態(笑)
ご主人、黒井健ファンであったとは、お目が高い!
絵やイラストで自己表現出来るのって、羨ましい。。。あのHPかなり気に入ってしまいましたi-233


【よむねこさんへ】
まった、またぁ~笑
ちなみにRENEは、外がカリカリな感じのが好きです。
中にカスタードクリームが入っていれば、言うことなし!!
少し、お腹空いてきたかも。。。


【ジュリアさんへ】
写真の腕前が上がったということね、きっと(笑)
みなさんに、美味しそうと言って貰えて嬉しいデス。
家族は、何故か特に反応なしで、冷めたリアクション…「わかってないなぁ~君達」と言ってやります。。。

ジュリア家は全員

こういうのが大好きなのでこのメロンパンも激しい奪い合いになる事でしょう→但し、針は刺していない状態(o^o^o)こういうのは絶対に売ってないものね!!RENEさん、着払いで構わないから送って!!ちなみにジュリアにとってはチョコチップ入りやメロンパン風チョコパンや夕張メロンパンは邪道(-_-)表面がベタついてなくてうっすらシュガーがかかっているのが好き♪学生時代、メロンパンの外の部分は食べないで中身だけ食べる友達がいたっけ。今宵は「いのちのかなしみ・詩童話集」北川幸比古・大倉雅恵/編(ラジオたんぱ発行)を読みながら寝ます。

【ジュリアさんへ】
メロンパンの人気が鰻上りで嬉しいです♪
これを考案された先生は、やっぱりスゴイなぁ~と思う。
今頃、本読まれていることでしょう。
「死」について見つめることも、大切なことなのかもしれませんね。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。