スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教文館ナルニア国

narunia.jpg銀座の教文館に行ったところ、6階のナルニアホールで「酒井駒子原画展」を開催していました(5/31まで)。
出版当初から「ぼく、おかあさんのこと…」の絵本が好きでしたが、本好きのバラツユサイダーakkoさんも昨年この本のことを紹介していました…

gengaten.jpgnaruniapanf.jpgharry.jpg







念願の「どろんこハリー」のクリアファイルも2枚入手♪
ハリー情報くださったAIさん、ありがとうございま~す!

ぼく おかあさんのこと… ぼく おかあさんのこと…
酒井 駒子 (2000/05)
文溪堂
この商品の詳細を見る

どろんこハリー どろんこハリー
ジーン・ジオン、わたなべ しげお 他 (1964/03)
福音館書店
この商品の詳細を見る

『どろんこハリー』好きの方↓こちらもオススメです
うみべのハリー / ジーン・ジオン、マーガレット・ブロイ・グレアム 他
ハリーのセーター / ジーン・ジオン、マーガレット・ブロイ・グレアム 他
関連記事

Comments

トラックバックありがとう

ナルニア国、私も銀座に行くと必ず寄りますよ。
娘もお気に入り。長居して、立ち読みタイムです。
あそこ、ビルも古びていて、素敵なんだよね~。

エレベーターホールが何とも雰囲気あって、懐かしい感じ~
池袋のジュンク堂も児童書充実していて、お店であることを忘れそうになって、つい読みふけっちゃう・笑
今は、やはり「ライオンと魔女」の人気が高まって、ナルニア国物語関連図書の展示が充実していたわ。
エドマンドが魅了された「Turkish delight」って、我々の馴染みのある既刊本では「プリン」と訳されていたそうよ。
今でも、ターキッシュなんてお菓子想像出来ないなぁ、私。
瀬田貞二さんの訳、残念なことに若いママさん達には受けが良くないらしい。
ディズニー映画も良かったけれど、本の世界はまた別なのにね。
訳者として、あんな魔界的な闇の言葉を操れる人、そうそういないと思うんだけど。
そう言えば、「ダ・ヴィンチ・コード」2日間で93万人も動員したってねぇ~凄い人気

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。