スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かがくのとも 12月号

月刊 かがくのとも 2006年 12月号 [雑誌] /
kagakunotomo1123a.jpg

今月号の「かがくのとも」、すごく魅了されましたのでご紹介します♪
作者の浜田佳子さんの知人のお宅の実存するおばあちゃま「ふみさん」が主人公です。

甲州百目柿(こうしゅうひゃくめがき)」という、でんと大きな柿があるそうです。柿は、元来手間要らずで、ほっておいても実をつけ、選定も不要。自分の身に余る実は自ら振り落とす。ただ、渋い柿は食べられない。

風と太陽の力を借りて甘くする…晩秋の金の粉が降るような光の中、干し柿作りの中心にはふみさん
柿の収穫から出来上がりまでを、そして古来の日本風土の味を紹介している一冊です

我が家でも、秋の味覚を堪能しています。
洋ナシや柿を入れている籠は、梱包用の紙テープで作ったモノです。ニスを塗ってあるので、丈夫な上に飴色が秋の果物を引き立ててくれます♪
関連記事

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

Comments

えーっ、手作り?!こんなにしっかり形良く、一体どうしたらこんなに上手に作れるの?!(*_*)ジュリアは種無しの柿が好きです(^-^)RENEさん、6Fで針仕事に専念して雲の上の仙人のような生活をしてるのですね?そして時々、下界に降りてきてあちこちお出かけするのね?その後、お風呂はどうなりましたか~?

【ジュリアさんへ】
えっ、仙人のような生活?
霞でお腹が一杯になれば、それに越したことはないのですが…笑
正確には、あちこち出掛けてばかりで、針仕事がちょびっとなのv-356 籠は、手取り足取り教えて貰って、何とか形になった記念すべき初籠?(3~4年前)ざんす。。。

お風呂は快適です!でも懐は最悪…これ外せない現実(涙) 

reneさん
おはようございます☆
柿と洋ナシおいしそう~~
ふみばあちゃんの干し柿。。。
楽しそうな絵本ですね
実在の人物なのですね
下のランチョンマット^^
私も好きな柄です
            鈴

霞と言えば

近所に『カスミ』というスーパーマーケットがあります(o^o^o)今日は全国的にお給料日だったせいか、9時前にATMに大行列ができてました。二女が図書館で『マッチうりの少女』『フランダースの犬』(共に絵・いもとようこ)を借りたのですが、考えてみれば残酷なストーリーのような気がするジュリアでした▼祝・おNEWのお風呂\(^_^ )( ^_^)/

【鈴さんへ】
どうも今朝は、入れ違っちゃったみたい(笑)
鈴さんも遊びに来てくださっていたとは、ビックリ…シンクロニシティーv-352
ホント、忙しない一日でしたが、最後の方に予想外の出来事があって、もうビックリでした!
くわばら、くわばら…v-356

でも、夕食後に、柿と洋ナシを楽しんで、復活したRENEです^^v


【ジュリアさんへ】
まぁ、お花の名前みたいなスーパーv-258
ママの方に機会があれば、ネロとパトラッシュは、岩波の本を読んでみてv-87
アンデルセンの方も、岩波の完訳版が良いかも。。。

ガス給湯器だけ、おNEWのRENE家です(笑)

カスミスーパー

茨城が本社のようで、霞が浦からとった名称かも??以前、岩波のも読みましたが出版社によってなぜこうも内容が違うのかしら~(*_*)近所の図書館は毎週土曜に新着図書が入るので今からちょっと行ってきます(^O^)/井上陽水のベストアルバムも借りたいジュリアでした☆

今日初めて「洋ナシ」というものを食しました。初めて食べるのは我が家ではなぜか私だけ!結構イケますね。
それにしても、籠の中の柿が輝いていますね。

【ジュリアさんへ】
作品の内容の違いは、出版社というよりも編者によるかと…。
編む人間によって如何様にもなるので怖いところです。
子ども達には、話の筋を創作したり加筆していない原文に忠実な図書に、なるべく触れて欲しいなぁと思っていますv-87

井上陽水の名を久し振りに聞きました(笑)
ここのところ、バリー・マニロウの「コパカバーナ」が、頭から離れなくて…ソフトバンクのキャメロン・ディアスが腰振り振りするあれ。。。バリーは、何と言ってもバラードに尽きますv-342


【クリエイトさんへ】
初「洋ナシ」美味しかったとのこと、それは嬉しい^^
熟すと、意外にジューシーな果物です。
次女が、秋のフルーツに特に目がなく、今日、私の外出中にどうも柿の種(籠に入っていた色艶の良かった柿の)をベランダの鉢に埋めたらしくて…笑
さて、芽は出てくるのでしょうか?
「かにむかし」をつい思い出した母でしたv-526

うわー。すごく素敵なかご!! 紙テープで作ってあるなんて信じられないぐらい素敵ですね。
柿や梨を入れても大丈夫なぐらいだからきっと丈夫なんでしょうね。素敵、素敵!!

【京女。さんへ】
そんなに素敵を連発されると、嬉しい~(笑)
しっかりしていてコンパクトなのに容量も多いから、ホント重宝してます。
ニス臭が完全に抜けるまで、数週間渋柿のごとく外に吊るしておいたことを思い出しましたe-435

『マッチ売りの少女』

RENEさん、ご無沙汰です。柿に洋ナシ、秋v-34ですね。こちらはこの週末からいよいよクリスマス色が色濃くなってます。手作りのカゴ、とっても素敵!私はこちらでもAsian Pearを好んで買って食べてます。遅かれながら、本日は柿(FUYU Persimmon)も買ってみましたが、種が入っているのが今時は面倒に思えてしまってます。リンゴもFUJIが出回る時期になり、8年前にくらべると、懐かしい味の果物がぐっと身近になっている模様。

ジュリアさんのコメントにあった『マッチ売りの少女』等が残酷だということ、全く私も同感。子供の頃には読んでいてもその残酷さに気付かなかったけど、寒い街角で小さな女の子が1人寂しく息を引き取るなんて、あぁ、なんと無情なこと!

【Akaneさんへ】
こんばんは~!
富有柿や富士も?それは、四季のはっきりしたこの国で育った者には、秋の味覚は何よりも嬉しいですよね♪

ロックフェラーのツリーの点灯式間近で楽しみ^^
あれには、かなり遡っての想い出があるので、この時期になると気もそぞろv-255

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。