スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンブラン

cake1019.jpg
今日は、月例のケーキ教室の日でした。
今日のお題は、秋らしく「モンブラン」。
↑先生作の搾り出しの綺麗な写真をUPします↑

スポンジ生地の間に、カスタードクリーム+栗の甘露煮をサンドして、全体にホイップクリームをデコ、トップにはマロンクリーム+ココア。。。コレ、激旨でございます(笑)
↓はい、こちらがRENE作のモンブランでっす↓
cake1019b.jpg


【ポイント】
*3種のクリームを使うので、生クリームは乳脂肪率が低いモノが向く
*マロンクリームには、マロンペーストを使う(仏SABATONサバトン他)
*モンブラン専用口金というものがある

全て、右サイドバーのお役立ちサイト内「cuocaクオカ」にて購入可能です。
クオカに、和栗のペーストを使ったお菓子が紹介されていたので、こちらもどうぞ!

【オススメ】
ボンヌママンの「マロンクリーム」も美味しいですが、モンブランに使うマロンペーストに生クリームを入れ混ぜて、軽くホイップするだけで、とても美味しいクリームが出来ます。
これだけ作っても、かなりモンブランな感じで楽しめるので、各種トッピングにオススメです~お試しあれ^^v
関連記事

テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : グルメ

Comments

うまそーだ!
モンブラン!こんなに繊細でうまそうに出来るものなのねー!

RENEさんのマロンクリームのほうが先生よりマロンペーストの含有量(?)が多くて贅沢そうだ。

私が小さいときは黄色いうねうねしか見たことがなかった。多分栗が100%だったに違いない。究極な贅沢のようだが、ぼそぼそしてて、焼き栗のほうがうまいと思ったものだ。多すぎてもダメなのよ!

こんにちは
モンブランのお菓子教室に行かれたのですね~~

おいしそう☆
やはり秋は^^☆
モンブランでしょうか~~

          鈴

【いくこさんへ】
正直、私も、モンブランって買ってくるモノとの認識しかなくて…笑
今回、目からウロコ状態e-317e-267
先生のお母様は、逆に黄色いマロンクリームがお好みらしく、渋皮入りのヨーロピアンなペーストはお気に召さないとのこと。
マロンペーストを使ったクリーム、本当に美味しくて、オススメです。
最近言葉が通じにくくなっている長女曰く、「これっ、マジやばすぅ~」v-356


【鈴さんへ】
このモンブラン、クリームが3種類で手は掛かるけれど、出来上がりを思うと絶対に頑張れちゃうくらいに、美味しかったですi-233
先生のお話では、他の生徒さんから「栗の渋皮煮から作るのですか?」との質問があり、驚かれたそう。
一から、やられる方もいるのかしら?
教える方も、生徒さんの切り口が様々だから大変でしょうね…えっ、私?
ノーマルな方だと信じています(笑)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。