スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魔女図鑑』

あなたは魔女のこと、どれくらい知っていますか?
ほんとうは、魔女ってとってもオシャレ。
身近なものを、いろいろと工夫して着こなしちゃうんです。
それに、お菓子づくりだっておてのもの。
とにかく、魔女のすべてなんです。
もう、ビックリ!
読みおえたら、あなたも魔女になれる!!
majyozukan0916.jpg

目次 第1章~第11章
魔女の家 魔女の台所 魔女の庭 魔女のうらない 魔法のかけ方 ならわしといいつたえ 美しさのひみつ おしゃれな魔女たち 魔女の趣味 魔女のお祭り 現代の魔女
(第1章「魔女の家」これぞカンペキ魔女の家より)
20060916160709.jpg

第10章「魔女のお祭り」世界の魔女より
魔女は、どこの国にでもいます。
それぞれの国の衣装で登場しました。

majyozukan0916b.jpg

《作者と出版社からのお願い》
本書の内容は、熟練した魔女によってのみ実用可能です。
実験にともなう危険について、当方は一切責任を持ちません。

魔女図鑑―魔女になるための11のレッスン 魔女図鑑―魔女になるための11のレッスン
マルカム バード (1992/08)
金の星社
この商品の詳細を見る

新・魔女図鑑
新・魔女図鑑
下田 智美、角野 栄子 他 (2000/12)
ブロンズ新社
この商品の詳細を見る

過日ご紹介した妖精Who's Whoに、多数コメントを寄せて頂きありがとうございました。
こちらの本、個人的にも妖精ならぬ要請…(失礼!)を受け、単行本と文庫本あわせて計10冊オーダーした次第です。生憎、単行本は絶版のようで中古のみとなっていますが、お値段の割りには良いコンディションの本が届きました。

そして本日、以前から紹介したいと思っていた『魔女図鑑』を載せることにしました。
この本は、Tears of Dragon の LIZZYさんのオススメでもあり、詳しく紹介されています

「ちょっと、この絵に馴染めないわ…」という方、角野栄子さん(『魔女の宅急便』著者)の本は、いかが? こちらも、大真面目に魔女への道を指南してくれる手引書といえます
関連記事

テーマ : 絵本 - ジャンル : 本・雑誌

Comments

へぇー☆

魔女の印象は(私のように)顔がしわしわで爪が鋭く伸びてて神経質そうな細い鼻がピンと立ってて怖い年寄りのおばあさん、って感じ。後ろの裾が長い黒いドレスをいつもズルズル引きずっててね(>_<)魔女狩りや魔女裁判、黒魔女っていう言葉も怖い▼でも魔法使いサリーや魔女っ子メグちゃんは好きだった。魔法のマコちゃん、というのもあったかも。良い魔女と悪い魔女に分かれるのかな?今日は次女の運動会でやや日焼けしてきました。

【ジュリアさんへ】
それは、お疲れさま~
お天気に恵まれて何よりでした。
この絵本を紹介するにあたって、本棚から出して撮影した後数時間、次女が本を離さず、ハロウィーンの飾りテープのペーパーナプキン切り絵に夢中になってます。
魔女チックな切り絵が続々出来上がり、ちょい不気ちゃんですv-476
♪どこから来たのぉ、ねぇ、ねぇマコ…何を求めてぇ~さまようのマコ…♪

魔女の家っていうのがすごい、でもなんかおもしろそー♪
こどもが喜びそうですねー!
魔女の宅急便の原作はよんだことないけど、もっと
可愛らしくかいてあるのかしら。

そういえば

もうすぐハロウィン、かぼちゃおばけが大活躍する時期だったわ♪西友でもランタンを吊してる。いつも脱線しちゃいますが「奥様は魔女」が好きだった☆サマンサ(エリザベス・モンゴメリ)やお母さんのエンドラが亡くなり寂しい(T_T)女の子にとって魔女って永遠のあこがれかも★うちの娘達も『魔女図鑑』を繰り返し読んで、「私も空を飛びたい!」ってよく庭のほうきにまたがってたなぁ☆彡

今、娘達に

「『魔女図鑑』を覚えてる?」と聞いたら、「毒きのこパイ、みみずスープを作ってあげる」って(@_@;)

【よむねこさんへ】
この本は、ちょっとブラッキーな感が否めない絵本なんです。
だから、親御さんによっては…ポリポリe-16
『新・魔女図鑑』は、正統派の本です。
魔女は、本来、女性の賢者であったけれど、過去に受けた数々の受難などにも丁寧に触れて、その成り立ちや役割なども詳しく説明しています。
ハーブやほうきの使い方、呪文…楽しいですがしっかり教えてくれる頼もしい図書と言えるかも。
でも、私は『魔女図鑑』捨てがたくて…e-15


【ジュリアさんへ】
そこなし沼タルト、鉄骨クッキー、ほこり入りビスケット…ギョッとするような食べ物も、子どもには楽しいかなぁ~♪
魔女モノの本や映像は多いけれど、歴史的には宗教弾圧によって悲しい運命を辿った人達ですものねぇ(涙)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。