スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムーミントロール*その2*

先日『ムーミントロール』の記事を載せましたが、「懐かしい」「読んでみたくなった」など沢山コメントを頂き、とても嬉しかったです♪

遠い記憶を紐解いて質問もくださいました。
「ガールフレンドの名前はノンノン?フローレン?」
「冬は冬眠したかしら?」など…

フィンランドからやってきたこのお話、日本でTV放映されたのは、第一期『ムーミン』1969年10月~1970年12月、第二期『新ムーミン』1972年1月~12月、そしておよそ20年後に『たのしいムーミン一家』として帰ってきたそうです。
本の中では、我々がムーミンと呼んでいる主人公は「ムーミントロール」(ムーミン族)、彼のガールフレンドはスノーク族の妖精で「スノークのお嬢さん」と表記されています。
しかし、アニメでは「ムーミン」と「ノンノン(後にフローレン)」
さて、前髪の可愛いこの彼女の名前の件ですが、正確には第一期&第二期には「ノンノン」、そして『たのしいムーミン一家』から突如「フローレン」になったらしいです。

冬になると、お腹の中にどっさり松葉を溜め込んで冬眠するんですよ~
ムーミン族の先祖は、タイルストーブの裏で生活していたという設定。

絵本やアニメも楽しいですが、単行本や文庫のモノクロームな挿絵も、より想像の世界が膨らむような気がして好きです
20060911235827.jpg

関連記事

Comments

RENE様ありがとう(^^)

アニメとは一味違うモノクロームのムーミン。想像を膨らませドキドキワクワクしながら読んだ蔵書独特の匂いのする少しホコリくさい昼下がりの小学校の図書室。ムーミンとともにあの頃の思い出が懐かしくよみがえってきました(涙)。残念ながら少子化の影響で母校は廃校→統合してしまいましたが‥。

知らなかった事実

初代ムーミンアニメは、第一期と二期に分かれていたのですね! 知りませんでした。 スノーク族の妖精とは、ムーミンとは違う種族だったのですね。 体型が同じなので、同種族だとばっかり・・・。 ムーミンについて、知らなかった事実を勉強することができました。 

「たらこ」も、チェックしましたよ~! ネットのニュースでも、「たらこキューピーCM曲が初登場第2位」という記事を見つけました。 RENEさんのブログを読んでいなかったら、何のことか、分からなかったでしょう。

ムーミンと言えば

忘れてはならないのがニョロニョロ(*^_^*)いつも団体様御一行で歩いてましたね☆体は白くて触るとビビッて感電するんでしたよね?仲間とはぐれた1匹のニョロニョロをムーミン達が助けてあげる話もあったような‥ニョロニョロも妖精?我が家で是非、ニョロニョロを飼ってみたいであります♪

スプーンがかわいい。

ムーミンって子供のころから身近にありますよね。
昔のアニメももう一度見てみたいですね~
ノンノンをちゃんとフローレンという名前にした新しいほうのアニメも好きですが。。
ただ。。わたし、ムーミンの本は何度挑戦しても馴染めなくて、最後までよんだことがないのです~(泣
好きなのに馴染めないって悲しい~~(><)

時々遊びにきたいので、リンク持って帰ります。
よろしくお願いします。

【ジュリアさんへ】
統廃合…少子化のあおりとはいえ、母校がなくなるのは悲しい…e-263
でも、色褪せない想い出はいつまでも心にしまっておけると思うので、お互い大切にしていきましょう!
ニョロニョロって、不思議な生き物で電気を食べて生きていた。
飼うと、電気代掛かるよ~(笑)


【kanelさんへ】
何だか、kanelさんに「勉強することができた」なんて言われるとコソバユイ…大いに触発されたのは、私の方ですから(笑)
今回、きっかけを頂いて、私もすっかりムーミンに詳しくなりつつあります。
非売品のグッズ(勝利の品e-287)、大切にしなければ。
やはり「た*ら*こ」ブレーク中~ですねっ♪


【よむねこさんへ】
このスプーン「森の薫りv-16」のデス~
裏側には、彼らの後姿が描かれていて、物凄く可愛いんですよ。
私も、読み進みにくい本ってあります、あります!
ムーミンの絵本はいかが?大型本なんで絵も綺麗だし、癒されたい時に手にとることが多いかなぁ。
リンクありがとうございます。
私も、ちょくちょく遊びに寄らせてもらいますね♪

おまけ

ムーミンのパペットアニメーションはご覧になりましたか?岸田今日子がナレーションと全キャラクターの声を担当してたものです。
79年にポーランドで制作され、日本では3年くらい前に映画で上映されたのですが・・・
少し前に、ケーブルTVで全78話を放映していたのを観ていました。まさに“Handmade”感覚いっぱいのほのぼのとした雰囲気。岸田女史がイイ味でした(^^♪

ノンノン!

あまり深く考えずに見ていたムーミン。
少し前に、子供とレンタルして見てて
あれ?どうしてフローレンなの?
たしか、ノンノンだったはず・・・。と
思っていました。そうだったのですね。
話題は逸れますが
ムーミンは、アニメしか知らないのですが
フランダースの犬(年がばれる・・?)は
子供の頃アニメで見てて、大人になってから
文庫本で読みました。しかも、通勤の電車の中で。
朝から、号泣・・・しましたよ。
懐かしい、アニメ関連の思い出です。
おはなし会の記事にコメントありがとうございます。
今、当日用のアンケートを作っています。今後の活動の糧になるような情報を得たいと思って・・・。

テレビ放映の

ムーミンの声の担当は岸田今日子さんでしたね。ふてくされたような低めのトーンの声がムーミンのキャラによく合ってたと思います。そうそう!ニョロニョロは雷を浴びて生きてたような‥飼うのはしばらく考えさせて頂きます(*_*)

【ulalaさんへ】
Oh~! パペット版ムーミン?
それは全く知らなかったデスv-265
しかも、岸田女史のナレーションとは…観れなくて残念。
ulalaさん、羨ましいなぁ~


【hanacoさんへ】
行き違っちゃったみたいですねv-356
先程、からからせんべいの記事をTBさせて貰って、早速日にちかわっちゃったけどUPしてみました。
かなり気に入ってしまったわ、この御菓子。
ルーベンスの絵の前で、命尽きるネロに寄り添うパトラッシュ…涙なくしては観られないですよぉ~
私も、きっとそのシチュエーションだったら号泣間違いなし!
前向きな企画に、エールを送りますv-433
まずは、親子で向き合ってもらって、子どもとの楽しい時間を各人が共有出来たら、ステキ♪


【ジュリアさんへ】
ムーミンパパとママの声も、お名前はわからないけれど、良く憶えています。
岸田女史は、我々世代には不動でしょう。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。