スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人からのタイ土産

麗しの、ど…ど…ドリアン!(爆)
crispydurian.jpg

先週タイ旅行をしていた友人が、お土産をくれました
彼女、ドリアンの特売日にも、店先から慌てて連絡くれたっけ。。。いつもサンキュ!
しつこいようですが、無類のドリアン好きなため、テンション上がっちゃいます・・・(笑)

10日ほど前にブログ友達のロッキンさんが、タイバージョンのプリッツの画像を載せられていたから、タイムリーなお土産で、嬉しさ×2

ロッキンさんと言えば、この3月からブログ生活に入られたばかりとは思えない最強のブロガー(笑) 
ご縁を紐解くと、ドイツのcosdinaさんの所から遊びに来てくれたのが始まり、同じくアメリカのメギーさんもcosdinaさん経由で遊びに来てくれたのでした 
cosdinaさんは、スウェーデンのChakyさんに紹介して頂いたお友達だし、何だか世界を股にかけたお付き合い(大袈裟ね)、好奇心旺盛な私のブログ生活にも大いに刺激を与えてくれています!

ファーイーストの島国から、改めて「ありがとう~!」と言っておこう

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : アジアンエスニック - ジャンル : グルメ

徳永英明、サイコー♪

HIDEAKI TOKUNAGA VOCALIST BOX(A)(限定盤)HIDEAKI TOKUNAGA VOCALIST BOX(A)(限定盤)
(2008/04/09)
徳永英明

商品詳細を見る


みなさん、流浪の民のごとく彷徨って、3日ほど姿消しててごめんなさい(笑) 実に濃ゆい時間が流れていて…PC前にゆっくりと構えることが出来ませんでした

さて、昨夜BSの徳永英明の特番をご覧になった方いらっしゃるかしら? もう、堪らないの一言では片付けられない二重丸の企画で。。。目はハート、心が穏やかに、そして幸せ指数が

若い頃から魅力的な歌声だったし一目置いていた方でした それに、最近カバー曲を編んだアルバムが話題になっていたから、かなり気になっていたの。。。

そして昨夜、「徳永英明の1000thライブ」(2008年1月11日に名古屋で開催された通算1000回目の記念すべきライブ)の90分スペシャル(NHK BS2)を、観ました・撮りました・癒されました・・・という訳(なのに娘達ったら、「そのおじさん誰?」なんて…) ただ、音楽の趣味性にかなりの隔たりがある夫とも、珍しく一緒に聴けるアーティストです、ハイ

昔から、「壊れかけのラジオ」が好きな彼でしたが、年を重ねて深い味わいを増した兄さんの歌声がまた堪らないと唸ってましたわ(爆) 良かったら視聴してみて!
RENEからみなさんへは、これなんか如何?。。。 「雪の華」「ハナミズキ
それにしても、すっかりお元気になられて、こうしてまた素敵な歌声を聴かせてくれて嬉しいゎ…

徳永英明公式サイト

「徳永英明 1000thライブ」再放送のご案内
NHK BShi 2008年6月29日(日) 15:00 ~ 16:29

テーマ : 男性アーティスト - ジャンル : 音楽

クッキングリポート

久し振りに立てたハンドメイド記事に沢山のコメントを頂きありがとうございました
週明けの今日、これまた久し振りのクッキング~(笑・気の合う仲間内での月例の調理実習デス)
用事が重なったり、咳女だったりだったので、今日は久々に参加出来て嬉しかったなぁ~♪

グレープフルーツのゼリー0519i.jpg


少しだけ、いつもお世話になっている地元のキッチンスタジオを紹介したいと思います(”調理室”の方がピーンとくるけれど、建物内にはその三文字見当たらない

9時過ぎ、大手スーパーへ買出し部隊出動!(都合のつく人だけ)
   10時前に、無事スタジオ入り
0519.jpg0519a.jpg0519b.jpg

鯛ご一行さま、振り塩されて湯引きを待つ図。。。
   今回は焼かずに煮て、煮汁と共に炊き込み、ほぐし身を香味(しょうが・青じそ・柴漬け)と一緒に混ぜ合わせました、混ぜ混ぜ~
0519c.jpg0519d.jpg0519e.jpg

甘酢に漬けられているのは、左がさっと湯がいたエリンギ君
   右画面中央のお皿は、稚アユ(アユの稚魚)と新玉ねぎのスライス(南蛮漬け)
はてさて中央は、何のスナックタワーじゃ?・・・(むふふ)
   これは、シュウマイの皮に里芋のマッシュを入れて揚げたモノ
よく炒め合わせた「玉ねぎのみじん切り+鶏ひき肉」と里芋マッシュ、点心みたいでしょ?
0519f.jpg0519g.jpg0519h.jpg


続きを読む »

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

京都自然式おばんざいのビュッフェ

嘉の香 京都自然式おばんざいとお魚料理
kanoka.jpg

過日、銀座でお邪魔したお店のランチュビュッフェが素敵だったので、ちょっと紹介します♪
銀座7丁目の銀座グリーン5F(ヤマハホールの向かい、ザ・ギンザの並び)の「嘉の香(KA-NO-KA)」というお店

"60分食べ放題!"というのも魅力的だけれど、何より休日にランチビュッフェを千円ポッキリで提供している太っ腹ぶりに感動さえ覚えました(笑) しかも、厳選された素材は格別で、有機の野菜や豆製品はホント美味しかった

個人的には、濃くとられた天然だしベースが嬉しかったなぁ~ちょっと出汁には煩い私です過去記事で語ってます
デザートとドリンクも付いてこのお値段、ちょっと銀座という土地柄稀有な価格設定でしょ?・・・経営母体が永谷園だから提供出来るのかもね

もう一つオススメのお店は、やはり和食なんだけれど、こちらは平日のみのサービス。。。
 ギンザインズ2F 創作鮨 花回廊
   平日限定「花回廊ランチ」 950円!


**************
昨夜、記事を書き終えて保存せずに(魔が差したの)ウロウロしていたら、記事のページをうっかり切り替えてしまっていたみたいで、気付いた時には既に時遅し・・・記事消失・・・色々張り切って書いてた時に限ってね、残念なことになったりします(笑)
なので、今夜は少しあっさり目の記事にしました。。。 

テーマ : オーガニックライフ - ジャンル : グルメ

「ルノワール+ルノワール展」&「エリック・カール展」

5月1日(木)念願のルノワール展にようやく足を運びました。。。ギリギリセーフってとこで冷や汗モノ(笑)出来ればじっくり鑑賞したかったから連休中は避けたかったので、直前の平日夕方を狙ってみました。。。
ルノワールについては語りたい指数が高くて、物凄くなが~くなっちゃいそうなので、会期も迫っていることだし(6日まで)、取り急ぎ是非ぜひ渋谷の文化村行ってみてぇ~!ということで簡単にご案内しますね

ルノワール+ルノワール展

次回は、京都国立美術館にて開催予定(西の方こちらをどうぞ)

19~20世紀初頭のあらゆる美が集結していると思われるパリのオルセー美術館や、日本では女性ファンが多いオランジュリー美術館蔵の作品の展示が中心でした。そして、今回最大の収穫はコレクターによる「個人蔵」の作品の多さ 絵画をはじめブロンズ像なんかもあって、それらの作品群は、どれも新鮮で大切にされてきたことのわかる逸品ばかり

LAのカウンティ美術館蔵の「狩姿のジャン」もみること出来たし、嬉しかったデス。。。この作品は、今回父子コラボ企画ということで、ヌーベルバーグの父と称された映画監督の次男ジャンが、最後まで手元に置いて手放さなかった1枚。。。父が描いてくれた自分の絵は、絶対に売らなかったそう。。。
父ピエール=オーギュストの最期のモデル(晩年の大作「浴女たち」などの)としても有名なロシア系のデデという女性(アンドレ・ヘスリング)とジャンが後に(父の死後)結婚する。

この女性、またの名をカトリーヌ・エスラン(芸名)という・・・美しい妻を女優として世に売り出してあげたいという一念から、ジャンは映画を撮り始めたという・・・このエピソードは、有名らしい(笑) でも、悲しいかな興行成績は振るわず、妻を有名にするために莫大なお金が掛かるため、ジャンは父の絵を次々に売ったらしい
ただ、美しい妻を主演女優として据え続けることと、切り離しての映画作りを天秤に掛けた結果(取捨選択した結果)、妻抜きで撮った「牡犬」や「ピクニック」で大成功を収めることに

でも、この父子にとって、テデが運命の女であったことは確か・・・老いた巨匠の魂を蘇らせたと言われているし、彼女をモデルに描いた晩年期の絵を本人は最高傑作として位置付けているのです。。。個人的には、晩年の作品は今ひとつ?という感じもするRENEです

あ~ぁ、結局語り始めてるじゃん(申し訳ない)・・・今日はこのくらいにしておかないと、先に進めないから、恋多きピエール=オーギュストの常に若い女性趣味などについては、また別の機会にいたしましょう

(左)今回図録分厚くて読み応えありそう
(右)廊下に飾っている気に入りのルノワールのパネル画

renoirzuroku.jpgrenoir.jpg


★★★
ブログ友のスノーパンダさんの美しいイラストも、とっても素敵なので是非遊びに行ってください
renoir ならぬ sunoir のサインもポイント高し~♪(笑)


続きを読む »

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。