スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャールズ・M・シュルツのピーナッツ(SNOOPY)

PCの壁紙を懐かしのピーナッツにかえてみました♪
それだけのことなのに、画面をみる度にホッと出来るというかイイ感じなんです(癒されるぅ~)

スヌーピーやピーナッツが好きだった!という方、もし良かったら無料ですので、こちらのサイト覗いてみて
ちなみに、今回RENEはチャーリー+スヌーピーのこちらを貼りましたよん
chucksnoopy2_800x600.jpg


彼らの生みの親でもあるシュルツ氏が、世を去られて数年が経ちますね…
日本語版(コミックの他に絵本のような大きめの装丁のや色々ありましたよね、懐かしい)は、昔は谷川俊太郎氏の翻訳でしたが、独特の世界観(主人公チャーリー・ブラウンを囲む仲間達がバラエティーに富んでて飽きなかった)が子ども時代とても好きでした
そう、小学生の頃から…途中サンリオ挟んで(コレお約束ね)一時離れたけれど、また戻ったり(笑)

スヌーピーと言えば、家にちょっとレアな服があるのでご紹介します (左の2点、赤と白のがヴィンテージピーナッツといわれているモノです)
vintagepeanuts3.jpgvintagepeanuts.jpgvintagepeanuts2.jpg
実は、この方達わたくしRENEの子ども時代の服(ポリポリ)・・・おいおいって突っ込みの声が聞こえてきそうだけど、実家のタンスの奥底からたまに発見されるのです!(その殆どは従姉妹達に母が回してしまっているので貴重な数点と言えます・笑)
お腹や袖口に墨の跡や鍵裂きがあったりするから、多分手元に残されたのだと思いますが、それにしてもウン十年前の代物。。。でも、娘達が少し前まで寝巻きにしていました。。。寝巻きと言えば、以前1枚紹介してましたっけ(うふふ)。。。良かったら過去記事へ飛んじゃってください、こちらからジャンプ

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 古着 【USED CLOTHING】 - ジャンル : ファッション・ブランド

コンビーフハッシュ

mixedplate.jpg

conedbeefcan.jpgsteamedpotetoes.jpg


かなり久し振りにコンビーフ缶を使ってみた。。。
以前mayuiさんのところで目にしてから食べたくなっていたけれど、長女が肉類全般があまり得意でないということもあり(牛肉はほぼ×、豚&鶏は部位により少量なら○)、出遅れてしまいました(笑)
ハッシュドポテトの様に、じゃがいもをカリカリにするのも好きだけど、今回はしっとり系のコンビーフハッシュにしてみました

ガーリックオイルで、玉ねぎ・人参・コンビーフを炒めたところに、レンジ加熱した皮付きの新じゃがを崩しながら合わせて、クレイジー・ソルトで軽めに味付け、仕上げにパセリのみじん切りをプラス・・・
出来れば、スクランブル(ド)エッグに挽きたての黒胡椒・・・好みでお醤油タラ~

***************
我が家の娘達は、同じ人間が育てているとは思えない程、全てにおいて違うベクトル(唯一似ているのは声…あっ、これはRENEも加わりますが・笑)
特に食べものに対する好みは、真逆と言っても過言ではなく。。。食を預かる者としては、たまに叫びそうになることも
どうしてだろ?何でかなぁ?一人がサウスポーだから?
しかも、一方が苦手としているモノほど、大概もう一方の大好物なんだから

長女が苦手な動物系の肉(骨付きは眩暈がするそう)・ソーセージハム類(魚肉ソーセージ)・ブロッコリー・きのこ類・洋食系→次女、どれも目がハートになるくらい好物・・・
次女が苦手な魚料理・じゃがいも料理(洋風ならOK)・おでん(特につみれ)・和食系(和菓子・餡子)→長女、どれも目がハートになるくらい好物・・・

食べモノに始まり、趣味や得意分野…似たところの少ない姉妹なんですよ(笑)
それぞれ個性を育んでいくのは良いのですが、食べものはもう少し歩み寄って欲しいと願う母であります(とほほ)
今日は、家の不思議ガールズにも少し触れてみました

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

苺のミルフィーユ

mille-feuille aux fraises
2n-pie.jpg

先週初め、丸3年通ったケーキ教室で最後のレッスンを受けて来ました。先生に導かれ、なんとか上級クラス終了ということに…
こちらでは、ちょうど2年目のケーキから紹介させて貰ったんだった何やら懐かしい~
お腹がグーの人は、↓クリックすると大変なことになるかも。。。
3n-pie.jpgn-pie.jpg


みなさんは、ナポレオンパイという名前の認識もあるでしょ?(コージーコーナーとか)
でも、日本国内限定の呼称だったとは知りませんでした(ポリポリ)※追記参照ください
ナポレオンパイという名前は、元々日本人(仏・マキシムの流れをくんでマキシム・ド・パリが日本にオープンした時に)が日本向けに銘々したものなんですって♪
現在では、本家本元でも「ナポレオンパイ」ではなく「ミルフィーユ」の方を使っているそう。

色々調べている内に、楽しいムービーも見つけました↓
  ライブキッチン「マキシム風ナポレオンパイ」動画


続きを読む »

テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : 趣味・実用

エコなグリーン

我が家のエコな子達
☆定番のリサイクル小松菜(去年の記事
☆セリ(手前はガブ・沢山食べたけれどまだまだ~今年初めの記事
☆ベビーリーフの菜花(種が沢山採れるかなぁ~
komatsuna08.jpgserikabu.jpgnabana08.jpg


春菊のお花も咲き始めました。。。黄色い可愛いお花でしょ?
花を付けても葉は柔らかいから、まだムシャムシャ青虫のごとく食べ進んでます
shungikuchan.jpgmacaroni.jpg2macaroni.jpg
我が夫、風邪が長引いておりまして、昨日一旦出社したものの、今日またドクターストップ掛かったので休んだんですよ。。。それで、お昼に春菊入りのパスタを作りました
巷では、咳(熱も)の風邪が流行っているそうで、夫も咳男と化しているし、私も少し怪しい咳とカラダのだるさが出てきた。。。くわばらくわばら。。。ゴホゴホッ。。。みなさんも季節の変わり目の風邪に、ご用心!

続きを読む »

テーマ : ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル : 趣味・実用

ドリアン食べたいなぁ・・・

新宿歌舞伎町の店先で売られていた○○○○
duriandurian.jpg

これが何かわかる方は、それだけでお友達です(笑)
そして、「嫌いじゃないよ」ということであれば、大親友です(爆)
「大好き!LOVE」なら、もう家族以上

正解は、果物の王様ドリアン
ゲッと思われた方も、もし過去記事の「私的ドリアンの食べ方」を未読の方は、まずはそちらをチェックして頂けると嬉しいかも~

東京厚生年金会館での試写会の帰りに、友人が調べておいてくれたお店に寄りました。。。エスニック料理♪
歌舞伎町のアジアンダイニングホイアン(Hoi An)

アジアの各地域のお料理が用意されていて、接客も丁寧で好感の持てるお店でした。
味付けの方は、日本人に合わせてトムヤンクンひとつとってもマイルドな仕上げだったように思う。。。玉ねぎやしめじ入りのを頂いたのは初めて(うふふ)
ふくろ茸がなにより好きだけど、イイのです
springroll.jpgkonkan.jpgblackbean.jpg





tomyk.jpgokoge.jpgfriednoodle.jpg



**************

いつも、拙ブログに遊びに来てくださっているみなさんへ

今日明日は特に予定が詰まっていて忙しめなので、なかなかゆっくりとみなさんの所へお訪ねすることが出来ません
せっかく足跡を残してくださっているのに、ごめんなさいね。。。明晩以降にまたゆっくり遊びに行きますので、どうかお許しを。。。

明朝も、7時には家を出なければならないし・・・週末の早起きは嫌いだよん、トホホ 
今日土曜日も、新宿を経由したけれど、やっぱり週末はどこも、人・人・人でしたゎ




テーマ : アジアンエスニック - ジャンル : グルメ

『王妃の紋章』試写会&『ライラの冒険』

週のはじめに『王妃の紋章』の試写会に行ってきました!
試写会場の階段で眩いばかりの光を放つ電飾に、まず目を奪われた・・・(笑)
curse.jpg

明日土曜日から公開のこちらの映画は、アジアの巨匠チャン・イーモウ監督の最新作。。。なんと、制作費50億円。。。ひゃ~
かつてないスケール、かつてない豪華さ、そしてかつてない壮大なビジュアルが売りとか。
何かと話題の今夏開催予定の北京オリンピックの総合演出も、この監督が任されています。

******************
唐王朝末期の紫禁城が舞台の愛憎劇・・・
栄華の頂点に君臨する黄金の一族の裏に隠された恐るべき真実とは?。。。外は黄金、中は毒。。。凄まじい権力闘争・・・中国の歴史を想像させる

国王(チョウ・ユンファ)は、武官時代に前国王を亡き者にして位を得た
妻子がいたが、長男(リウ・イェ)は手元に残して妻のみ追放し、前国王の娘(コン・リー)を王妃に迎える
王妃との間には、次男(ヘイ・チョウ)と三男(チン・ジュンジェ)が生まれる
王妃は、昔年の恨みを晴らすべく、密かに謀反を企てる・・・
各人がそれぞれに策謀をめぐらして殺意を胸に抱いている・・・とにかく凄まじい人間模様が繰り広げられる
終盤の皇帝側の兵と反乱軍との戦いの場面、気の弱い方には辛いものがあるかも
『ラストサムライ』や『スパルタ』も、霞む!?~ふぅ、RENEには少々きつうございました
ただ、アカデミー賞にもノミネートされた3000着の豪華衣装と300万本の菊の花には、目を見張るものがありました・・・ラスト近くの菊の花の演出には、驚かされたけれど。。。

上映前イベントで、劇中の王妃の衣装をまとってしゃなりしゃなりと舞台に現れたのは、タレントのほしのあきさんでした
ご興味のある方は、こちらのエンタメ記事もどうぞ、ささっ、遠慮なさらずにどうぞ(笑)

続きを読む »

テーマ : ☆試写会☆ - ジャンル : 映画

石井桃子さんを偲んで

こねこのぴっち (大型絵本)こねこのぴっち (大型絵本)
(1987/11)
ハンス・フィッシャー、石井 桃子 他

商品詳細を見る


児童文学者の石井桃子さんの訃報に触れ、絵本好きの方々の悲しみは耐えないことと思います・・・
心より先生のご冥福をお祈りいたします

今日は、岩波の復刊版(大型絵本)の『こねこのぴっち』をゆっくりと読み返してみました。この絵本の作者であるハンス・フィッシャー氏は、スイスの方で、子どもの頃から自然が大好きで、植物や動物のスケッチを良く描いていたそうです。自分の幼い娘や息子のために作った絵本が、後に出版される運びとなり評判になったそうです。子ども達との関わりの中から生まれたおはなし・・・文も絵も彼自身が手掛けたのは『こねこのぴっち』と『たんじょうび』の2冊・・・軽快で楽しいこれらの絵本の日本語訳、やはり石井桃子さんをおいては考えられませんね。本当に生き生きとした素敵な訳でした。。。

以下過去記事を掲載させて頂きます

祝百歳*石井桃子さん

クマのプーさん


先月、とあるTV番組にエッセイストの阿川佐和子さんが出演されていて、昔お兄さまと一緒に通われていたという石井桃子さんのかつら文庫のお話をされていました・・・先生の思いは、永遠に受け継がれていくことでしょう......☆......

テーマ : 児童文学・童話・絵本 - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。