スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にしんそば。。。で年越し

例年、年越し蕎麦はお夕飯として頂く我が家。
今年も美味しく頂きました。
忙しない大晦日の晩には、少し市販のモノを活用すると手軽で助かります
今夜は、にしんの姿煮と冷凍かき揚げを用意
ブナシメジ・油揚げ・ほうれん草も入れて。。。「具沢山にしんそば」の出来上がり
nisinsoba.jpg
nisinkakiage.jpg


大掃除の終盤で、和室の照明器具が壊れていることに気付き(昨晩までは普通に使えたのに・・・)、何故に大晦日の晩に~!?と思わず呟いてしまった
でも気を取り直して、その後、豚肉を2キロ「紅茶豚」にして、「チーズケーキ」も焼きました
どちらも、明日実家へのお土産にします

そして。。。

2008年も、この手帳で始めることにしました過去記事
planner.jpg


もうすぐ新しい年を迎えようとしています。
今年も、お陰様でブログを通じて楽しい時を過ごすことが出来ました。
新しいご縁も沢山頂きましたね。。。ありがとう♪

それでは皆さま。。。

 佳 い お 年 を お 迎 え く だ さ い 



スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

カラダに優しい有機野菜のレストラン

少し前に友人が素敵なお店に連れて行ってくれました。「ハーブ&おいしい野菜塾レストラン」という魅惑的な店名
大通りから少し入った所に、いきなり畑が現れて駐車スペースまで進むと、ビルの合間に赤い屋根のガラス張りのお店を発見
vegrestaurant.jpg


この畑で育ったお野菜を使ったメニューをお店の方で楽しめる仕組みになっています♪
最寄り駅(多分三田線の西台駅)からの送迎サービスもあるそうなので、板橋方面にお出かけの際に利用してみてはいかがでしょうか?

我々は、サービスランチ(1500円)を頂きました
 ・野菜塾風オードブル
 ・カボチャのスープ
 ・メインとして温野菜のドリア
 ・農園フレッシュサラダ
 ・デザート(ブラマンジェ+人参ソース)
 ・ハーブティー

veg.jpg
vegmain.jpg
vegdessert.jpg

どれも、本当にお野菜の味が濃くて味わい深かったです。ただ、こちらでもたまに吐露していますが、私、幼少期より人参があまり得意でない(キライだけど母となってからは頑張って!?食べている)ので、実は今回も2度程山場がありました(笑)
一度目は、ドリアのチーズの下の大きめなカット4~5コ・・・これだけ残すわけにもいかず、ブロッコリーや他のモノと一緒に口に入れて食べることに・・・あら?不思議~独特の臭みが薄いから結構食べやすいかも・・・一山越えました・・・そして、気を良くしていたら、出たぁ~人参ソース(デザート)・・・ふと3月の人参スープのことが思い出されたのでした・・・でも、きっとこの人参も大丈夫と自分に言い聞かせ一口・・・あらあら?これまた不思議~レモンの酸味が利いててマンゴーソースみたい!セーフでした このお店、オススメ出来ます

続きを読む »

テーマ : おいしい店紹介 - ジャンル : グルメ

yomeさんのミラクル☆パスタ♪

今朝、車を飛ばして用事を済ませて帰宅したら、玄関に入った途端に視界が曇ってしまった。。。普段はコンタクトだからわからなかったけど、今朝はメガネで出掛けたからレンズが曇って視界ゼロに(鏡に映った我が身が笑えた)。。。ここのところ外気との差が凄いことになってきましたね。。。箱物住宅に暮らしている方はわかると思いますが、一軒家に比べると機密性が高いので、冬場の結露拭きは一仕事(ペアガラス住居は除く)。

さて、この前、確か朝の番組だったと思うけれど、興味を惹かれる若い奥さんが出ていました お料理に関するアイデアや発想の柔軟さがとくかく素敵なの
最近広く活躍されているyomeさんこと大井純子さんをご存知ですか?

よめ膳@YOMEカフェ

番組内で紹介していたパーティー向けのお料理、どれも身近な材料でいて出来上がりは脱帽モノの組み合わせや調理プロセス!
そして中でも一番試してみたいと思った「簡単パスタ」を今夜作ってみました♪(夫が忘年会のため不在だったので簡単に済ませたく)
驚くなかれ、お鍋ひとつで全ての工程を網羅するという優れ技
上記のブログ内検索で「パスタ ブロッコリー」のキーワードを打ち込んでみたら、すぐに記事に飛べました

「お鍋1つのスピードパスタ」作り方はこちら)
pastamusidori.jpg

kantanpasta.jpg2kantanpasta.jpg3kantanpasta.jpg

続きを読む »

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

娘とブッシュ・ド・ノエル

今年のイブは、次女がブッシュ・ド・ノエルに挑戦しました
何とか切り株っぽい感じに仕上がったので、ホッ~(笑)
仕上げに粉砂糖を上からパラパラ~
このケーキは、美しく仕上げるというよりは、創造性を持って臨んだ方が良いように思うので、意外とジュニア向きかもしれない

buchedenoel.jpg


冷蔵庫には、2種類の生クリームがありましたが、今日は乳脂肪分36%の方を使いました。牛乳は、大体これの10分の1くらいだから、手前の47%のは・・・
freshcreams.jpg


頂き物のお菓子は、若干サッカリンテイスト・・・でも、子どもはこういうの好きみたいで
ユーロのコインチョコが新鮮だわ♪
habio.jpg


この時期になると、この曲を良く耳にするようになり、5年前が懐かしくなるんです。
グノーのアヴェ・マリア
子ども会のクリスマス会で、当時副会長であったAさんのフルートに会長であった私がピアノ伴奏させて貰ったのでした。。。その節は、関係者のみなさん、ホントお世話になりました
今は、あの一年も佳き思い出です

今日の日中、ターシャ・テューダーの昨年暮れの特番の再放送がされていたのをご覧になった方いらっしゃるかしら?
何度観ても、素敵な番組で、幸せな気分になりました。
みなさまも、それぞれに大切な方と楽しいXmasを

***わたくし事ですが、イブの日にヤフオクの評価が1000に達しました!(ヤッホ~)***

テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : グルメ

お部屋バトン

バラツユサイダーのakkoさんからバトンを受け取りました♪

お題は「お部屋バトン
では、早速始めま~す!


■まず、此のバトンを回す5人を言って。

lishoさんchaiさんスノーパンダさんmayuiさんsuzuさん
気が向けば、よろしく~


■自分の部屋は綺麗ですか?

(akkoさん談)
残念ながら、自分の部屋はアリマセン(涙)
自分のものはたくさんあるんだけど、各部屋に分散してます。
(RENE)
akkoさんに同じく(笑)
ミシンスペースは、次女と共有の横長デスク(幅170cm)の左サイド
その他針仕事は、ダイニングテーブルやソファでと定位置は特になく
広げっぱなしにしておける部屋が欲しいなぁ~


■一番多い本はなに?

何だろう?
ジャンルで分けるのは、難しいかも・・・絵本から小難しい本まで・・・ただの欲張りなんだと思います。
ちなみに我が家の本棚は、家族分だけあるので、冊数は多い方かも


■フィギュアとかってある?

ミニコンポ上と食器棚に、それらしきモノが。。。人間っぽい動物もフィギュアに入る?(笑)
hipodogpig.jpg
lionfrog2.jpg
mose.jpg


続きを読む »

テーマ : バトン - ジャンル : 日記

イヴ10日前なので。。。

今年は、出来ればターシャ・テューダー家に習い、聖ニコラスデーにクリスマス飾りをしたいと考えていましたが、何だか無理だったため、公の用事に一区切りついた金曜の晩に(昨夜)、ガサゴソと天袋から引っ張り出して飾りました

殆ど例年と変わりなく飾ったものの(左)、玄関が少し寂しげに感じたので、さんとのキャンドルや松ぼっくりなどをプラス(中央)。。。北欧・西欧・東欧・アジアのモノが入り乱れた我が家の玄関先(右)ですが、これはこれで賑やかな感じで好きなんです♪
genkan.jpg
2genkan.jpg
3genkan.jpg

先日も貼りましたが、他の部屋の様子は過去記事の画像からどうぞ


最近、針仕事の記事を立てていませんが、まとまった時間は取れないものの、生き抜き程度には楽しんでいま~す
また近い内に、最近のモノをUP出来ればなぁと思っているので、その時はひとつお付き合いくださいね

さて、こちらのサンタさんは、依頼を受けて先月初めに作ったモノです!
人形劇用のお人形を作ったのは、なんと生まれて初めて
それも、サンタクロースだなんて。。。責任重大なので、まずは本探しから始めました。
運良く、図書館で雰囲気のある古い手引書を見つけて、小さくバンザイ(笑)

手袋人形 (1979年)
(1979/01)
高田 千鶴子

商品詳細を見る

santasan.jpg
2santasan.jpg

必要な材料を大規模店に探しに行く時間が取れなかったので、地元の行きつけの手芸店や雑貨店で揃えました。
手芸用の手袋ならば、もう少しソフトで色も選べたことでしょう(薄手の園芸用を使いました)・・・ヒゲ用の毛足の長いボアも雰囲気のあるのが見つからず、羊毛を思わせるアクセントのあるピッチの糸で三角に編んで代用しました(手触りの良いふかふかな分厚いヒゲの出来上がり!笑)
小さなお人形ですけれど、洋服の型紙もちゃんとあって、後身頃はダーツ付きと実に丁寧な作り
家には、もう小さな子どもはいないけれど、今回こういう人形を作る機会を与えて頂き、何だかとっても幸せな気分になれました、感謝~!

テーマ : *北欧・西欧・東欧雑貨* - ジャンル : 趣味・実用

アンティークフェアと北欧ショップ

昨夜に続き回顧録的な記事となりますが、先月アンティーク好きな友人に誘ってもらって訪れた骨董市と、職場近くであるという友人情報を元に訪れた北欧のグッズを取り揃えたお店のリポート。。。またしても、出会ってしまいました(笑)

ant-goods.jpg
2ant-goods.jpg

まず、骨董市で最初に手に入れたのが画像中央の長めのスケール(91.5cm/36インチ)
インチ表示のモノが多い中、「centimeters」の文字を見つけ飛びつきました!
この長モノを勇ましくバックに差して歩き回ったものですから、各ショップのスタッフさんから沢山声を掛けて頂けて、何だか嬉しかった
トーションレース、モノグラムのイニシャルテープ、ドイリー、スタンプ・・・全て時代を経た雑貨です

ant-chair.jpg

cards.jpg

こちらのスツールとカードは、友人達の勝利品のごくごく一部
ナラの木の質感が堪らないイス。。。脚の曲線と細工が美しいでしょ? 友人は、早速ミシンのイスにすると言っていました
皆さんは、「ローズオニールキューピー」って、ご存知? 私は、この方の偉業を知らなかった一人です。愛くるしいキューピーちゃん、額に飾るそう

071129_1104~0001.jpg
071129_1105~0001.jpg

leksands.jpg

こちらは、北欧グルメ&雑貨の「AQUAVIT JAPAN」の新宿店舗
西麻布にオフィス兼ショールームがあるようだけれど、この新宿の店舗についての情報は調べ切れませんでした。一応、住所は新宿区百人町1-14辺り
最寄は、JR大久保駅ですが、我々は新大久保駅から行った(学生時代友と先月また韓国街に遊びに行った時に立ち寄った)ので上手く道を説明出来ない・・・ごめんなさい。でも、どちらの駅からも程近い立地でした。
ちなみに、お隣は「旭川ラーメン」(左画像の窓の外のノボリ参照)

続きを読む »

テーマ : *北欧・西欧・東欧雑貨* - ジャンル : 趣味・実用

Cake!Cake!Cake!

それは、11月最後の週と12月最初の週に掛けての1週間の出来事。。。ほんの1週間の間にケーキ×3ホール。。。冷蔵庫を開ければケーキ。。。精神的にも贅沢な日々を少し振り返ってみようかと思います

一緒にケーキ教室に通っている友人の都合で、11月のレッスン(第一弾)は月末となり、12月のレッスン(第二弾)とのインターバルは、なんと6日。そして、その翌日(7日目)は、仲間内での調理実習日(第三弾)で今月はクリスマスケーキがメインだったため、2日続きでスイーツを作り、至福の時

紅茶のクリームケーキ(第一弾)
ベルガモットの香りがたまらないアールグレーを生地とクリーム(ミルクティーを加えた)両方に使ったケーキを教えて頂きました。ポイントは、なんといっても「オレンジピール」。。。紅茶との相性の良さは、格別です  mayuiさんが、偶然この組み合わせでパン(紅茶のティーブレッド♪)を焼かれていたので、ビックリ!
teacreamcake.jpg
3teacreamcake.jpg


ラズベリーとチョコレートのムース(第二弾)
このケーキは、贅沢の極みかもしれない。。。実際、4層(スポンジ、ムース2種、ナパージュ)からなっているので工程も半端ではなく、腕を試される一品でした お味?それは、はっきり言ってヤバイです(笑)
bonnoel.jpg
2bonnoel.jpg


とってもチョコなクリスマスケーキ(第三弾)
チョコレートガナッシュ(クリーム)+雪を思わせるトッピングのフレーク状のチョコ。。。とっても甘い香りのクリスマスケーキを各人一台ずつド~ン!と焼きました。オレンジリキュール(グランマルニエやコアントローなど)を効かせると風味も増して美味しいみたいです♪ 普段は、15cmの型を使うことが多いので、こちらの21cmのケーキは出来上がりも大きくて立派に感じました 指南役の大先輩主婦Cさん、いつも丁寧にご指導頂き、感謝~!
chocolatecake6.jpg

続きを読む »

テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : グルメ

映画『ヘアスプレー』を観て・・・

先月の連休中に、マークしていた『ヘアスプレー』を観てきました♪
あのジョン・トラボルタが、パパではなくママに扮するというのにも大いに興味が湧いたし、何よりミュージカル仕立ての映画が昔から割りと好きだったので。。。

1988年公開のアメリカのコメディ映画『ヘアスプレー』を原作としたブロードウェイ ミュージカルが2002年に初演(大ヒットの末、トニー賞他8部門受賞)、またこの舞台版ミュージカルを映像化した映画が、今回公開されている『ヘアスプレー』です。
さて、この作品についてのレビューは、スノーパンダさんのラブリーなイラスト入りの記事(「二子多摩川 de ぼちぼち絵日記」)が完璧なので、興味のある方は是非遊びに行かれることをオススメします(Let's go~!!)

私は、今回少し切り口を変えて記事立てしようかしら~
この作品を観て、まず思い浮かんだ絵本について書いてみようかと思います。
このあまりにも有名な絵本達↓が、なぜ頭をかすめたのか?・・・多分、主人公が共にマイノリティであることと、その時代背景ではないかと・・・どちらも映画と同じ1960年代の作品(上1968年・下1962年)。
昔から、大のお気に入りの2冊です
未読の方は、良かったら商品詳細を見てくださいね♪レビュー参考になると思います。

くまのコールテンくんくまのコールテンくん
(1975/05)
ドン=フリーマン、まつおか きょうこ 他

商品詳細を見る


ゆきのひ (偕成社の新訳えほん―キーツの絵本)ゆきのひ (偕成社の新訳えほん―キーツの絵本)
(1969/01)
エズラ=ジャック=キーツ、きじま はじめ 他

商品詳細を見る


・・・マイノリティって? マジョリティの反対語で、少数・少数派という意。我々アジア人も、マイノリティの位置づけです。好まない表現ではあるけれど、イエロー。この映画の舞台でもあるアメリカ南部は歴史的にも人種問題が深刻な地域であり、数々のエピソードを元に実に沢山の作品が世に送られてきました。
マジョリティに対し、アフリカ系・ラテン系・アジア系・先住民族系…など、マイノリティ集団の存在。。。その背景、概念の拡散・捉え方などによって、多少の見地の相違はあれど、多様なマイノリティが存在していることは確か。

翻訳本の中で、マイノリティが主人公である絵本は、残念ながら少なめですよね。もう少しその辺のことが知りたいわとおっしゃる方は、是非、LA在住のいくこさんのブログ(「絵本のたまご」)に遊びに行ってみてください。。。洋書を中心にアーティストの見地からわかりやすく記事を書かれています。

この映画の見所のひとつに、当時モノのキュートな衣装やスタイルがあるのですが、以前、娘が立てた「奥さまは魔女」と「シアーズのカタログ」関連の記事を覗いて頂けると、空気感が伝わりやすいかも


テーマ : 児童文学・童話・絵本 - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。