スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブランク新記録

気が付けば、10日以上も記事を更新せず、11月も終わろうとしているではありませんか!
公私共に、少し忙しくしていました(…現在進行形)
でも、プライベートでは色々楽しいこともあり、元気です(笑)

  友人が参加している秋語りの会で、素敵なお話を聞いたり
  バレエの発表会にお呼ばれしたり
  前からマークしていた「ヘアスプレイ」を夫と観に行ったり
  アンティークフェアに誘って貰って、雑貨をちょこちょこ買い求めたり
  ケーキ教室でベルガモットの香り豊なティーケーキを教わったり

みなさまのところへも、またゆっくりと時間を作って遊びに伺いたいと思っていますので、どうかよろしく(ペコリ)
我が家のベランダの柵上で仲睦まじくしているスズメの写真が撮れたので、カーテン越しではあるけれど貼っておきますねぇ~
suzumesan.jpg


おまけ画像・・・バレエの発表会でこの花輪に釘付けとなったのだった
(団体の名前は一部消しています)
yamagisi.jpg

スポンサーサイト

おばあちゃんの原宿・巣鴨

東京は豊島区に位置する「巣鴨地蔵通り商店街」を初めて訪れたのは、今から数年前のこと。。。TV番組で、度々取材を受けているその街は他所に比べて買物を楽しまれるご老人の姿も多いけれど、約800mほどの商店街の活気には毎度目を奪われるものがあります。とげぬき地蔵尊では、毎月4、14、24日に縁日が開かれるそうで、約4万人(休日と重なるとその倍)の人出で賑わうんですってぇ~! 今年は、2月に行ったきりだったから、ちょっとブランクが開いてしまいました。新しいお店も何軒か営業を始めていたし、馴染みの化粧品店が閉店間近であったりと(6年間の契約でアンテナショップのような役割で営業していたとのこと)、僅かながら時間の経過を感じました。

13時焼き上がりの喜福堂の「あんぱん」「クリームパン」
いつも時間前から長蛇の列・・・でも、メチャクチャ美味しいから絶対に外せないのだ(笑)
みなさん、まとめて買われていく・・・数人前のご婦人なんて「計35個」もお買い上げでした
手前は、「フレンチトースト」と「うぐいすパン」
kifukudo.jpg

続きを読む »

テーマ : 東京23区 - ジャンル : 地域情報

昭和>平成・・・^^;

ブログ仲間のみなさんは、きっと平成の方が長いという方が殆どでは!?ないか、と。でも、私RENEは平成も19年を終えようとしている今を基準にしても、昭和の方が少しなごうございます そんな私でさえ、まだこの世に生を受けてはいなかった昭和の古き佳き時代。。。スクリーン上ではございますが、堪能して参りました! そう、あの超話題作をついに観ましたのよぉ~!(「有閑倶楽部」"白鹿野梨子"風・笑) 

ALWAYS 続・三丁目の夕日 オフィシャルサイト
ALWAYS 三丁目の夕日 オフィシャルサイト

小学校が休みであった次女を従え、9時前には家を出る張り切り様。。。すっかり咳女から脱出出来たと信じ、いざ行かんといった感じで 予告編の段階で、今回も感涙に咽ぶことは覚悟していたけれど、今日の涙は特に感情レベルでコントロール出来るものではなくて、ある意味とても自然に湧き起こるという不思議な流れ方をしました。よく江原さんの番組に出ているゲストの方が、勝手に涙が溢れてしまう…と、一様に言われているあの涙に近かったかも。昭和を知らない平成生まれの次女も「観られて良かった」と満足していました。迷われている方、是非劇場に足を運んで頂けたらと思います。心のヒダが増えること間違いなし

メール便でいつもお世話になっている窓口「セブンイレブン」でも協賛してキャンペーンを張っているいるんですけど、この1週間で5回クジを引いて4回商品を手にすることが出来ました(約900円相当~ツイテル♪)。復刻版のお菓子やオモチャなども販売されていて、私は「なつかしのカレーパン」を2度程食べてしまいました

そして今夜のおかずは、勿論気分的にこれは外せなかった。最近、店頭でも良く見かけるようになったこちら
実は、この商品今年になってから知りました。
グリコのワンタッチカレーなら、知ってたんだけど・・・
 
オリエンタル マースカレー
orientalmarscurry.jpg


続きを読む »

テーマ : 今日のしあわせ - ジャンル : 日記

夕凪の街 桜の国

夕凪の街桜の国 夕凪の街桜の国
こうの 史代 (2004/10)
双葉社
この商品の詳細を見る


夏の終わりに友人Sさんが貸してくれた広島の原爆で被爆された人達を軸にしたコミック。。。学生時代に広島に住んでいたことがあるSさん、「RENEさんなら読みたいというと思った」と手渡してくれました。

普通よりも薄い100ページほどの冊子ですが、戸惑いながら描いたという作家さんの不安をよそに、細胞の奥から何かを呼び覚ましてくれるような不思議な感覚に襲われる仕上がりに。。。全体を通して、昔と今を繋ぐ構成になっています。その辺が作者が漫画家さんであるという強みというか、↑装丁(表紙絵)に通ずる素敵なエッセンスにもなっているのかな

冒頭の「夕凪の街」(35ページ程)を読み終えた時、ティッシュの箱を抱えて、切なさ・歯がゆさ・遣るせなさに咽び泣きました。そして、その時代に思いを馳せるだけで魂が振るえ、無限の感慨を覚えるそういう作品です。
絵本ともまた違った魅力ある作風。。。大人の方だけでなく、思春期のお子さんにも出来たら読んで欲しい図書です。

ブログ友のよむねこさんも、初夏に紹介されていました。
読んでもよんでも」の記事はこちらからどうぞ

読後時間が経っているのに、なぜ今この時期に紹介するのか?
それは、今日の関東の灰色の雨空をみていたら、この本のことを思い出したから・・・
本当は、一人でも多くの方に読んで欲しいという思いもあり、来年の盛夏に紹介しようかと思っていましたが、先週エノラ・ゲイのパイロットの訃報に触れ、取り上げてみることにしました。


追記11月13日(火)
松本つかぢ画伯の記事がご縁で最近知り合った「二子玉川 de ぼちぼち絵日記」のスノーパンダさんも、この本お気に入りということで記事立てされていました~♪ 良かったらこちらから遊びに行ってみて・・・

テーマ : こころの糧になる本 - ジャンル : 本・雑誌

目から鱗モノの春巻き=3

早11月となり、朝晩の冷えが身に染むこの頃です。
振り返れば、10月は私的には少々忙しかった。
そして、大勢人が介する場で汗だくになったにも関わらず、その汗が充分に引く前に外気に触れたのがいけなかったのか、とうとう金曜の晩よりダウン
土曜の午後からの予定と、日曜の朝からの予定、どちらも遂行出来ず。。。Tさん&Mちゃん、それにSごめんなさいね。
熱っぽさは引きましたが、お犬様のような咳が出るので今日も静かに過ごそうかと思っています

先週、例の仲間内でのクッキングで、凄いモノ教わってきました! 料理名も実にシンプル・・・
かんたん春巻き(手前は生鮭と生筋子を使った「はらこめし」)
harakomesi.jpg

春巻きは、家族も好きだから良く食卓に並ぶおかずです。でも、作り手に余力がないと踏ん切りがつかない。具を用意して冷まし、巻いて、揚げて・・・でも、これならいつでも作れます♪
だって、具は大根のみなんだもん
なのに、と~っても美味しいの。しかも冷えても味が変わらず美味しいときているから(翌日娘のお弁当に入れて実証済み)、心を鷲づかみにされました

   <材料>
  春巻きの皮  1袋
  大根     1本 (多いかもしれないので適宜)

   <作り方>
  1.大根は5cm長さの太めの千切りにし、塩をふってしんなりさせる(大根サラダの時のように)
  2.1の水気を絞って、オイスターソースとごま油で味付けをする(ナムルくらいの塩加減)
  3.春巻きの皮に包んで揚げる(大根は入れすぎないほうが美味しい)

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。